風水開運占い社.com

風水学を学ぶ

 

風水占い

風水占いには様々な占い方法が在りますが基本は九星ぬんたらとか言うのがメインらしいです。
私にとって風水と言うものはインテリアの配置でよい気が溜まる、程度の認識で実際に金運がアップしたとかはあまり無いですね。

風水占いを信じる前に自分を信じて!!

占いとは本来道に迷ったときに決める最後のアドバイス的なもので未来や将来を暗示するものでは在りません。

風水を信じるのは自由ですが占いで自身の将来や未来を簡単に決めるのは止めておきましょう。
占いに頼らなくとも自分にある可能性を信じて一度は突き進んでみるのも良いでしょう。
其処に何があるのかなんて誰も分かりませんし誰も知りません、ですが進んできた足跡と言う経験は何一つ無駄にはなりません、それがたとえ苦い経験でも将来の寄り道を避ける経験となるのですから。
占いはその先の道に迷ったときの最終手段として実行するくらいがいいのです、そしてその結果を鵜呑みせずよく吟味してアドバイス感覚で受け取り、実行しましょう。

風水占いで未来は切り開けませんが、進むべき道の方向だけは理解することができます、占いを信じなくとも人は己の信念と理想と尊厳と欲望でその道を決める事ができるのです。
意志の弱い人はいません、意志の弱いと言う人はその意志で弱さを演じているのです、その弱さを演じているのは意志の強さです、何かと辛い現代社会で進む先も見えない世の中に大きな不安を感じると思いますが其処に希望は微かにあるはずです。
占いと言うのは現代社会の流行とし、手軽に出来る占いから多額の料金で引き受ける占いまで様々。

その中から真実を見つけるのは難しいですね、今の若い世代はテレビや雑誌の影響で簡単に占いを信じてしまいますが。
それを決断として動いてしまうのはどうかと、私は思います。

先の見えない道だとしても先に進んでみないと何があるのかなんて分かりません。


Valuable information

一眼レフ初心者に合ったレンズ

2017/6/12 更新

 
CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
CopyRight(c) 風水学を学ぼう All Right Reserved